対談112 ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

e0196244_23144093.jpg

「ランドナーの大先生」
本日の写真。つかの間の晴れのときでした。

「北のランドナー界の第一人者」
ポタ車としてはエエ自転車やな。短い時間でも短い距離でも十分面白いやんけ。満足できるわ~

「ランドナーの大先生」
我々は長距離旅、あるいはブルべ的なものが好きだったはずなのにねぇ。
なんか・・・・、どんどんそういう世界から離れていってるような気がします。

「北のランドナー界の第一人者」
単に周期的なもんかも知れへんで。
もっとも27時間内400kmは意欲あるうちに挑戦しておくべきだったと後悔しておるけどな。

「ランドナーの大先生」
今からじゃ無理ですか?

「北のランドナー界の第一人者」
もう動機がない。
そして動機のない人間が完走できるほど甘いもんではないやろ。

「ランドナーの大先生」
うーむ。

「北のランドナー界の第一人者」
ま、エエやんけ。
他にやりたいことがたくさんあるんやから、そういう愉しみ方をすればエエだけや。てか時間的にアレもコレをもは無理やねん。歳なんやから。

「ランドナーの大先生」
二日酔いが夕方まで取れないですものね。



「北のランドナー界の第一人者」
泥酔い歌唱。
年中二日酔いのシェインやで。

「ランドナーの大先生」
シェインかぁ。
映画にもなったけど歯医者にはどうやって通っていたんだろ?
なんか自転車のような気がするな。何の根拠もないけど・・・・
[PR]

by waltz_t | 2016-11-14 00:19 | Comments(0)