対談107 ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「北のランドナー界の第一人者」
最近は朝、
起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか起きれなかったりとか、
雨だったりとか、
雨だったりとか、
起きれなかったりとか起きれなかったりとか、
雨だったりとか、
起きれなかったりとか起きれなかったりとか、
用事があったりとか、
起きれなかったりとか起きれなかったりとか、
気分が乗らなかったりとかで、
なかなか自転車朝散走も思うようにいかへんわ。

「ランドナーの大先生」
もういいです。

「北のランドナー界の第一人者」
朝自転車はピストか寝そべりかロードがエエわな。
ラ系車両は朝会社に行く前に乗る気にならへんのが致命的やんけ。
ポタ車もそやけど。

「ランドナーの大先生」
人によるでしょ。

「北のランドナー界の第一人者」
人のことはどうでもエエの。ワシらはワシらの興味あることだけ追求するの。

「ランドナーの大先生」
はいはい。



「ランドナーの大先生」
ピキピキピキピキ・・・・
乾いた音ですね。カッコいい。

「北のランドナー界の第一人者」
この時期の朝散走は空気が乾燥してかなわんからのぅ。

「ランドナーの大先生」
それとこれとは関係ない・・・・・
[PR]

by waltz_t | 2016-11-01 22:38 | Comments(0)