対談105 ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「北のランドナー界の第一人者」
わけあって寝そべってばかりおるけど、新しい自転車も弄っとるやんけ。

「ランドナーの大先生」
通訳が必要なセリフだな。
つまり最近は寝そべって漕ぐタイプの自転車に乗ってることが多いけど、新しく買った自転車の整備もしてるってことね。

「北のランドナー界の第一人者」
そそそそ。
先週土曜は結構長い距離を試走したんやけど、ギア比が重くてのぅ。
よう確認したらフロント60Tやんけ。マジかいな?と呆れたわ~

「ランドナーの大先生」
そもそもそういうことを確認しないで買うことに呆れますが。

「北のランドナー界の第一人者」
細かいことにこだわらんところがワシらのエエとこやんけ。
そういう性格やから寝そべり自転車も買うたんやで。

「ランドナーの大先生」
そういう問題ではないでしょ。
てかそれで新車はどうすんの?

「北のランドナー界の第一人者」
どこか壊れるまではオリジナルで乗る、と決めておったんやけどなぁ。残念やけど前か後ろか、歯を替える必要がありそうやな。
まぁ雪降るまではこのまま乗ってみるやんけ。いずれにせよ来年の話や。

「ランドナーの大先生」
まったく入らなかった内装変速の調整が上手くいったのは良かったですね。

「北のランドナー界の第一人者」
本当は分解まですればエエんやけどな。調べたら特殊な工具が必要みたいやし、それもおいおいでエエやろ。



「ランドナーの大先生」
なんでこれ?

「北のランドナー界の第一人者」
とあるブログの話なんやけど、ある寝そべり愛好家がな、寝そべり自転車に乗っていたときに友達と一緒にいた息子だか甥っ子だかと会ったそうなんや。
それで友達が、お父さん?おじさん?とその子に聞いたらしいんやけど、「いや、知らない人」と速攻で答えたそうでのぅ。
それ読んで思いっきり笑ったやんけ。

「ランドナーの大先生」
それは確かに笑える。
てか逆の立場ならそうだよなぁ。恥ずかしいですよね。

「北のランドナー界の第一人者」
犬に吠えられるしの。
せやけど乗ってる本人はあまり関係ないんやで。人間何にでも慣れてしまうもんや。

「ランドナーの大先生」
いいんだか悪いんだか。
[PR]

by waltz_t | 2016-10-26 23:33 | Comments(0)