対談79 ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「北のラ第一」
風が秋やなぁ。

「ラ大先生」
時の流れが速いですねぇ。

「北のラ第一」
実は今シーズンまだ乗ってない自転車があると、なんとも云いにくい状況になってきたやんけ。

「ラ大先生」
身体はひとつしかないのに所有台数が多すぎるんですよ。

「北のラ第一」
今日なんか天気よくて絶好の自転車日和やったのに、朝早くから外せない用があって身体空いたのが午後3時過ぎやんけ。
寝そべりにでも乗ろうか思うたけど、なんとなく身体が持ち上がらんうちに夜になってしもたんや。読んでた本が面白すぎたせいもあるけどな。



「ラ大先生」
なんでみゆき?

「北のラ第一」
中村泰さんがファンやったそうなんや。

「ラ大先生」
は?誰?

「北のラ第一」
哀愁の老スパイナーやんけ。しかも詩人やで。

「ラ大先生」
それちょっと、わかる人少ないような・・・・

「北のラ第一」
逃走に使ったのは24インチの自転車だったそうなんや。前かご付きの黒い婦人車や。そういうところにも自転車は切り離せない存在なんやなぁと感心したわ。
そういえばオウム信者が逃走してたときロードバイク使えばいいのにと云ってた人がおって、説得力あるなーと思ったのぅ。
顔はメットとサングラスで自然に隠れる。速くて渋滞知らずですり抜けも得意。一般人には思いもつかないほど遠くまで行ける。目立つから逆に目立ちにくいのではないか、等。

「ラ大先生」
うーん・・・・・。まぁ確かにそうかも。
ランドナーはそういうことに向かなそうですね。

「北のラ第一」
ランドナーは違う意味で目立つからのぅ。
どこかに立てかけてその場を離れてみると、大体誰かがじ~っとランドナー見とるんや。あれは他の自転車ではあまりないやんけ。悪いことしとったら絶対通報されるで。

「ラ大先生」
逃走には不適。それがランドナー。

「北のラ第一」
逃走するような人生を送ったらアカンと教えてくれとるんやろ。そういう貞操帯のような性格も持ち合わとるんや。まさに紳士の乗り物やんけ。

「ラ大先生」
御意。
[PR]

by waltz_t | 2016-08-27 19:22 | Comments(0)