対談56 ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「ラ大先生」
EU騒ぎの結果ですけど、やはり大英帝国は大英帝国でしたね。
私は感動しました。

「北のラ第一」
今のところ悪い予想ばかり目立っておるけど、結果的には誰もが幸せになるはずや。
ワイはそう信じとるし、そうあって欲しいと心より願っておる。

「ラ大先生」
輸入が多い自転車業界の影響はどうなるんでしょうか?

「北のラ第一」
専門家が様々なメディアであーでもないこーでもない云うやろうけど、そう慌てんでも時間が答えを出すわいな。
そして事実に勝るものはないやんけ。ワイらはただただ、今後も好きで自転車に乗り続けるだけや。



「ラ大先生」
ミラーですか・・・・

「北のラ第一」
フランキ―はロッド・スチュアートにもポール・ロジャースにもロバート・パーマーにも成れへんかった、ある意味悲運の歌手や。
せやけどこの人こそ英国歌手の伝説やんけ!
こんな人の胸をうつ歌い手がこのまま終わるわけあらへん。病いからきっと復活するで。ワイはそう信じとる。
大英帝国は終わらんのや!

「ラ大先生」
はい・・・・・
[PR]

by waltz_t | 2016-06-25 13:47 | Comments(0)