対談㉜ ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「ラ大先生」
久しぶりですね。

「北のラ第一」
ちょっとバタバタしておったからのぅ。
てか、まだ続いておるんやけどな。

「ラ大先生」
ま、生きてりゃ色々ありますね。
あぁ、でもこのバタバタは、死んだ人の話でもあるのか。

「北のラ第一」
それが三割以上占めるわな。
せやけど仕事や用事の合間合間に時間作って、自転車乗るで。

「ラ大先生」
すでに様々な計画が目白押しですものね。

「北のラ第一」
ランドナー旅の計画がないのが引っかかるんやけどな。

「ラ大先生」
ダサいと云われますよ。

「北のラ第一」
匿名で人の悪口を、あることないこと書いてるのが最もダサくて恥ずかしいとわからんぐらいの頭の悪いのは救いようないわ。
何ぞ悪いもんでも食うたんけ?と心配になるぐらいの頭の悪さや。
馬鹿がうつりそうでイヤやから、もうネタの元にせんことにした。身体痒うなるし。

「ラ大先生」
金持ち喧嘩せずですね。



「ラ大先生」
で、これは?

「北のラ第一」
パープル来てたんやろ?
かつてテンペストは前座に使われてたこともあったそうなんや。ドラムソロは禁止されてたらしいで。イアン・ペイスも超絶上手いけど、なんつうても相手はジョン・ハイズマンやからな。
パープルでもない、ビートルズでもない、そういうところがニセモノのお前とペテン師のワイに相応しいんやないかと思ってな、チョイスした。
今回の来道はオリ―がギターやったらオモロかったんやないかと思うで。

「ラ大先生」
すでに死んでるじゃないですか。

「北のラ第一」
あぁ、そうやった・・・・
[PR]

by waltz_t | 2016-05-12 00:56 | Comments(0)