対談⑭ ランドナーの大先生と北のランドナー界の第一人者

「北のラ第一」
あぁ、今日も疲れた。この歳になると100km越えはキツイわい。

「ラ大先生」
自転車は片倉シルクでしょ。あれ、輪行仕様にしましょうよ。

「北のラ第一」
めんどくさくてなぁ。金もかかるし。むしろメッキにしたいんだよ。塗装が「ヤレてる」通り越してるから。
ただそれは更に敷居が高い。

「ラ大先生」
いつか・・・・、とか思ってるうちに死にそうですよね。

「北のラ第一」
ま、死ぬときは死ぬときで、別にいいさ。
俺の自転車郡は、俺の悪口を書いてない人に差し上げます。

「ラ大先生」
そのセリフ、かなり笑えます。

「北のラ第一」
だろ?
ランディ・ニューマンの歌詞みたいな感じで笑ってもらえたら嬉しいな。


[PR]

by waltz_t | 2016-03-27 21:16 | Comments(0)